ストレスが溜まって、ついイライラ怒りっぽくなってしまう。ストレス社会の現代、上手にストレスを発散できる方法があるといいですね。ストレスは脳が栄養不足になると起こるそうです。

そのことから、脳が栄養不足にならないために栄養を補えばストレス解消ができるのではないでしょうか?

豆乳には良質なタンパク質が多く含まれています。

今回は、この豆乳でストレス解消の効果を最大限に引き出すコツを調べてみることにしましょう。

 

はじめに、豆乳でストレスが解消できる理由はなんでしょうか?



Sponsored Link


豆乳でストレスが解消できる理由

 

ストレス解消に必要な栄養素は

 

・たんぱく質

・ビタミン

・ミネラル

 

の3つです。

 

豆乳の栄養素

 

タンパク質
(動物性たんぱく質)アミノ酸バランスがいい良質なタンパク質が含まれている。

ビタミン(ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン)
ビタミンB群はタンパク質や糖質をエネルギーに変えて脳を活性化させます。

ミネラル(カルシウム・鉄)

脂質

豆乳の栄養素はストレス解消に必要な栄養素をすべて含んでいます。

 

大豆は消化吸収が悪いとされていますが、豆乳は大豆を茹でて絞った液体なので消化吸収もよく良質のたんぱく質をすぐにエネルギーに変えることができ、脳を活性化させます。

脳に栄養が行き届くと、脳が活性化されストレスが軽減されます。

 

つぎに、豆乳を飲むとどういったストレスを解消する効果があるのでしょう?

 

解消に効果のあるストレスのタイプ

ストレスには二つの種類があります。

それは良いストレスと悪いストレスです。

 

良いストレスとは?

 

文字通り、自分を向上させようとするストレスのことです。

 

・心が満たされている→充実感

・目標に向かって頑張っていると成果がでる→達成感

・すべてにおいて、満ち足りている→満足感

 

悪いストレスとは?

 

自分を追い込んでしまうストレスのことです。

 

・頑張りすぎて、逃げられない

・常に忙しくて休む暇がない

・自分の意思とは関係なく過剰に行動をしなくてはいけなくなる

 

良いストレスは、身体を活性化させてくれるので程よくあったほうがいいとされています。

悪いストレスは上手に解消しないと疲れがたまってきて、体調不良を起こしたり、心の病気になってしまう場合があります。

このことから、悪いストレスは上手に解消することが大事になってきます。

 

豆乳を飲んでいると脳に必要な栄養がいきわたり、脳を活性化させます。

脳が活性化されるとストレスが軽減され、悪いストレスを解消することができます。

ストレス解消の効果を高めるには何と一緒にとるとより効果があがるのでしょう?

 

効果を高める○○を一緒に摂る

 

ストレスを解消するにはビタミンCも効果があると言われています。

 

ビタミンCを多く含む果物と一緒に摂ることでより効果が期待されます。

 

ビタミンCを多く含む果物とは?

・キウィ

・レモン

・イチゴ

・ゆず

・みかん

 

などです。

 

豆乳はコレステロールがゼロで、良質のたんぱく質があるので一日一杯を目安に果物と一緒にとるとより効果がでます。

ただ、豆乳のとりすぎには注意が必要です。大豆に含まれているイソフラボンは大量に摂取すると女性ホルモンのバランスを崩して生理不順になる場合があります。

大豆イソフラボンの一日の適量摂取量は70㎎と言われています。市販の豆乳を買う場合は大豆イソフラボンの量は確認したほうがいいと思います。

 

まとめ

 

以上、豆乳でストレス解消の効果を最大限に引き出すコツを調べてみました。

大豆には脳を活性化させる良質のたんぱく質が多く含まれているので、一日の摂取量(70㎎)を守って飲むようにしましょう。

また、ビタミンCを多く含む果物と一緒に摂ると、ストレス解消がより効果が上がります。

豆乳を飲み続けていると毎日のイライラがなくなるかもしれませんね。ぜひ、試してみて下さい。