喉がイガイガ、咳がとまらない!などと悩んでいる方に

今すぐにでも効果がある対処法をまとめていきたいと思います。



Sponsored Link


唾を飲んでも痛い時に効く市販薬

薬といってもたくさんのタイプがあります。

錠剤や粉を飲んで中から治していくもの、喉に直接スプレーするものなど症状によって薬を選んで服用するのが大事です。

 

ペラックT錠

こちらはネットなどの評判もいいです。

錠剤の飲み薬で総合風邪薬のルルやパブロンなどと違い、喉専用の薬です。

炎症などを抑える働きがあるトラネキサム酸が配合されています。喉の痛みに悩んでいる方は一度お試しください。

 

エスタックのどスプレー・のどぬ~るスプレー

どちらかというと、喉の殺菌や消毒をしてくれるスプレーです。

喉がイガイガするなぁ。という時にシュッとスプレーすると効果があります。

直接喉にスプレーするので速攻性があり、一時の痛みの緩和や感染予防にすぐれています。

 

トローチ・うがい薬

個人的にはトローチやイソジンなどのうがい薬はすごく効果があります。

トローチも速攻性があるので、なめるだけで痛みが緩和されます。また、うがい薬は予防に最適です。

 

咳もひどい時に効く市販薬

 

咳をして炎症を起こすと喉が痛くなります。逆に喉がイガイガしむずがゆくなり、咳が出始めたりもします。

喉の痛みと咳はきってもきれないかんけいですよね?

この際、一気に治しましょう。

 

アネトン

せきやたんを鎮めるお薬です。フィルムでコーティングされているので飲みやすい錠剤となっています。

11歳以上ならお子様でも服用できます。

 

パブロンエースAX

CMなどでもおなじみですよね。こちらは微粒剤と錠剤の2種類です。

せきの原因のたんをだしやすくし、また熱や痛みをしずめてくれくれます。11の風邪症状に効く総合的な風邪薬です。

 

 

一晩で痛みを治すコツは?

 

とにかく明日は喉が痛い場合じゃない!という方もおられると思います。少しでも喉の痛みを和らげる方法を調べてみました。

 

実際に効果があったやり方として、

・のど飴をなめ続ける
・常に乾燥しないよう水分をとる
・のどにタオルを巻いて温める
・玉ねぎスープを飲む
・玉ねぎを半分に切って枕元に置く

 

のど飴をなめ続ける・常に乾燥しないように水分を取る・のどにタオルを巻く事で、常にのどの中を温め、唾液をだし、のどの乾燥を予防します。

乾燥を予防する事で、痛みの原因であるウイルスや細菌は、のどにとどまる事が出来ず、痛みの回復を早める事が出来ます。

 

玉ねぎスープを飲む・玉ねぎを半分に切って枕元に置く事で、「硫化アリル」という成分が咳を鎮めて、体を落ち着かせてくれます。

特にせきで眠れないときは、高い効果がありるので、安眠が期待できますよ。

せきが落ち着く事で、のどの炎症も落ち着き、痛みの回復を早めて、ぐっすり眠れる!一石三鳥なたまねぎ効果ですね。

 

まとめ

 

いっこくも早く取り除きたい喉の痛み。あたなにあった薬を試しながら、

・のど飴をなめ続ける
・常に乾燥しないよう水分をとる
・のどにタオルを巻いて温める
・玉ねぎスープを飲む
・玉ねぎを半分に切って枕元に置く

 

こちらも参考にする事で少しでも早く喉の痛み和らげてください。

これでも喉の痛みや咳が続くようなら、はやめにお近くの病院で受診してもらってください。お大事にしてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
喉の痛みに効く食べ物!つらいイガイガの治し方まとめ!
喉の痛みがひどい時の対処!すぐに和らげる方法は?
喉の痛みと咳や痰が酷い!原因とその対策は?