胃腸が弱っているけど仕事がある日、ツライですね・・

「早く治るには何を食べれば良いの?」

「具合が悪くて手間をかけたくないが、出来合い物はヘヴィに感じる」

 

そんなときのために、まずは率先して摂りたい栄養素について

そして、簡単にできる“胃腸回復お弁当レシピ”をご紹介します!

 

関連記事
病み上がりにおすすめな食事をコンビニ限定で調べてみた

 


Sponsored Link

胃腸が弱っている時に取りたい栄養素

【胃腸炎で弱った時】病み上がり 1

ジアスターゼ

大根、山芋などに多く含まれる消化酵素でアミラーゼとも呼びます。

胃酸をコントロールする働きがあり、胃腸薬にも配合されています。

 

ムチン

納豆、山芋、オクラなどの粘りのある食材に含まれるタンパク質です。

胃壁を保護し、だ液の分泌を良くしてくれます。

 

キャベジン(ビタミンU)

そのまま胃腸薬の名前にもなっています。キャベツやブロッコリーなど、多くの野菜などに含まれており、胃痛・胸やけの予防・治癒に役立ちます。

新鮮な生のキャベツを食べるのが、最も効果的です。

 

ビタミンA

緑黄色野菜に多く含まれており、油と一緒に摂ると吸収が良くなります。

消化器官の粘膜を保護する働きがありますが、ここで気を付けたいのは、動物性ビタミンAの、過剰摂取です。

ビタミンAには“レチノール”という動物性ビタミンAと、“βカロテン”と呼ばれている植物性ビタミンAがあります。鶏レバーと豚レバーに多く含まれるビタミンAは控え目に、緑黄色野菜のビタミンAを積極的に摂る方が、改善に近づきます。

 

ペクチン

ペクチンの中でも、りんごに多く含まれているリンゴペクチンは、下痢・便秘に効きます。

りんごをきれいに洗って、皮ごとすりおろして食べると良いです。

 

胃腸が弱っている時の弁当レシピ

【胃腸炎で弱った時】病み上がり 2

「サンドイッチ弁当」

1.耳なしパンに、カット野菜サラダと、卵サラダをはさんで切ります。卵サラダは、かたゆで卵をマッシャ―でつぶし、しおこしょうとマヨネーズで味付けしたものです。

2.耳なしパンに、マーガリンを薄く塗り、リンゴジャムを乗せて重ねたものを、1と同じ幅になるよう切ります。


Sponsored Link

3.耳なしパンに、ピーナッツクリームをたっぷり塗り、重ねて切ります。

4.3種類のサンドイッチができたところで、お弁当箱に詰めて端にスペースを残します。

3.塩茹でしたブロッコリーと魚肉ソーセージを切り、空いた所に詰めます。

 

 

「焼きうどん弁当」

1.細めでやわらかいうどんを適量茹でておきます。

2.カット済みミックス野菜をごま油で軽く炒めて、塩コショウで味付けをし、お皿の上に一旦置きます。

3.2で使ったフライパンの油をふきとり、約200ccのお湯を入れて火を付けます。

4.うどんを3の中に入れてめんつゆを少し色づく程度加えて、弱火でかき混ぜながら水分をとばし、味をしみこませます。

5.2をフライパンに入れてうどんと混ぜて、しょうゆで味を調えます。

6.野菜に火が通っていたら火を止め、お弁当箱に移し、鰹節と紅生姜を乗せます。

7.なめこオクラ和えと、お弁当用ミニはんぺんを端に詰めます。

なめこオクラ和えは、なめこを茹でてボウルに移し、熱いうちに鰹節としょうゆで味付けし、冷凍オクラを混ぜると簡単にできます。

 

「根菜弁当」

1.小鍋に水をはり、ひと口大に切った大根を茹でます。

2.大根がやわらかくなったら、少し色がつく程度にめんつゆを加え、ちくわも入れて煮ます。

3.冷凍の根菜ミックスを2に加えて煮立ったら、切ったしいたけも入れます。

4.しょうゆで味をととのえます。

5.お弁当箱に、柔らかく炊いたご飯と、3を詰めます。

6.少し冷ましてからかぼちゃサラダを端に詰めます。

かぼちゃサラダは、生のかぼちゃを皮ごと薄切りして電子レンジで火を通し、ゆで卵と一緒にマッシャ―でつぶし、マヨネーズと白すりゴマを加えて和えます。

マヨネーズの量は、こってりしすぎない程度にして下さい。

 

胃腸が弱っているときのカンタンデザート

 

「りんごゼリー」

1.電子レンジ対応タッパを用意します。

2.100%リンゴジュース350mlを、タッパに入れます。

3.砂糖少々と、粉ゼラチンを5g加えてかき混ぜます。

4.ふたをして、約2分間レンジで温め、再びかき混ぜます。

5.冷ましてからそのまま冷凍庫へ。

6.凍ったゼリーを切って容器に入れ、デザートとして持って行きます。

かわいい型に入れて凍らせてもいいですね。

 

「バナナヨーグルト」

1.バナナの皮をむいて、ラップで包んでカチカチに冷凍しておきます。

2.冷えたヨーグルトをボウルに入れておき、凍ったバナナを1cm幅ぐらいに切ります。

3.パイナップルをカットしたものと2を、ヨーグルトで和えます

4.容器に入れてデザートとして持って行きます。

 

 

まとめ

 

胃腸が弱っている時に、積極的に摂るべき栄養素とは?

・ジアスターゼ

・ムチン

・キャベジン(ビタミンU)

・βカロテン(ビタミンA)

・ペクチン

 

胃腸が弱っている人のために作るお弁当ポイント

・食パンは耳なしのものを使う。

・肉類は避け、魚肉ソーセージや練り物で、魚類のたんぱく質を摂る。

・消化にいいフルーツを使って簡単にデザート作り。

 

あとは心もゆっくり休めて、お大事にしてください。