おでこ頭痛に悩まされることはありませんか?

軽い頭痛からひどい頭痛まで、痛みは様々ですが、日常的におこる頭痛は生活に支障をきたしてきます。

おでこ頭痛のおこる原因を理解して、正しい対策と予防をしていきましょう!!

 

こちらもおすすめ↓
【おでこがズキズキ】つらい頭痛を起こす2つの原因と4つの対策



Sponsored Link


【おでこ頭痛の種類】

おでこ頭痛2

おでこ種類は緊張型頭痛に当てはまります。

緊張型頭痛とは、筋肉が緊張して血行が悪くなり、周囲の神経を刺激して起こる頭痛です。

筋肉の緊張をとく、血行をよくすることが、おでこ頭痛を治す秘訣です。

 

おでこ頭痛になる原因

 

①精神的ストレス

ストレスを感じると、筋肉は緊張して収縮します。

理由は、内蔵に蓄積した疲労物質が、体内の他の組織を刺激して、血行を悪くし筋肉を固くします。

長時間おなじ姿勢でいるときも、体はストレスを感じて筋肉を緊張させます。

 

②長時間おなじ姿勢

ストレスのほかに、おなじ姿勢は首や肩の筋肉に大きな負担をかけます。

じつは頭の重さは、ボーリングの玉とおなじ重さがあります。

ふだんは重さを感じないけど、首と肩でその重さを毎日支えているのです。

ふだんから酷使される首と肩は、長時間おなじ姿勢でいると、負担が倍増します。

筋肉が疲れると疲労物質が分泌され、神経を刺激して痛みをおこします。

 

③パソコンで作業

目が疲れると前頭部分が緊張し、筋肉が収縮するのでおでこ頭痛がおきます。

おでこ頭痛(緊張型頭痛)は慢性的におこる頭痛のひとつで、もうひとつ慢性的におこる頭痛があります。

 

それが偏頭痛です。

 

【おでこ頭痛にすぐ効く対策】

 

緊張型頭痛は、筋肉が硬直し血行が悪くなることが大きな原因です。

おでこ頭痛を効果的に治すには、血行をよくするのがいちばん効きます。

 

①ツボを押す

ツボを押すと緊張がほぐれて、血行が一気によくなります。

痛みで叫ぶほど、つよく押す必要もありません。

じぶんが気持ちいいと感じるつよさで押してください。

ツボにしっかり入ったほうが効き目抜群ですが、少しずれたところでも、血行を良くします。

 

おすすめのツボを2つ紹介します。

*合谷(ごうごく)

合谷は手の甲にあるツボです。

親指と人差し指の付け根が交わる骨の手前にあります。

付け根から骨をたどっていくと、重なる場所がすぐに見つかります。

万能のツボで、合谷は頭痛のほかに、肩こりや首のこりを解消、精神安定効果、便秘解消なども叶います。

 

*肩井(けんい)

ツボの下に動静脈があるので、肩井を押すと血行が促進されます。

肩こり解消に、非常に効果があるツボです。

ツボは、背筋を伸ばした状態で首を前に倒し、でっぱった首の骨と肩の始まりの中間にあります。

 

②ホットタオル

頭痛を関わりが深い首と肩と足の血行をよくしましょう。

水でぬらしたタオルをしぼったら、電子レンジで1分加熱します。

これでホットタオルの完成です。

火傷に注意して、温めていきます。

ホットタオルの代わりに、(温)湿布を使うのも効果的です。

 

③お風呂にゆっくり浸かる

湯船につかることで、筋肉の緊張が解かれて血行も促進されます。

熱めのお湯は、神経を興奮状態にさせます。

緊張型頭痛はストレスを感じた状態なので、すでに神経は興奮状態にあります。

血行を良くする、リラックスする、筋肉の緊張を和らげるためには、温めのお湯にゆっくり浸かりましょう。

おでこ頭痛が偏頭痛だった場合は、温めると逆効果になります。

偏頭痛は、脳内の血管が拡張し、脳のいちばん大きな三叉神経を刺激されておこる頭痛です。

偏頭痛の特徴は、ヘルメットで頭全体を締め付ける痛みがあります。

血管の拡張を沈めないといけないので、偏頭痛の場合は緊張型頭痛と偏頭痛がいっしょになった人が増えています。

その場合は、絶対に温めてはいけません。

偏頭痛の治療を優先してください。

 

【おでこ頭痛の正しい予防法】

 

緊張型のおでこ頭痛だった場合、正しい予防法は首や肩を冷やさず、こまめにストレッチをすることです。

首や肩の筋肉が固まらないように動かして、血行を良くしましょう。

温めのお風呂に10分浸かるだけで、体の血流がすごく良くなります。

長時間おなじ姿勢でいたときは、腕を高くあげたり、軽いストレッチをして体の緊張をほぐしましょう。

緊張型頭痛は、精神的ストレスも関係してくるので、ふだんからストレスをためないように心がけてください。

簡単にストレスを解消できる方法は、深呼吸です。

1234、5678と数えながら、深い呼吸を1分続けてください。

これだけでストレスが解消されます。

 

さらに偏頭痛を正しく予防するには、ポリフェノールを含んだ食材をさけることです。

ポリフェノールが血管を拡張させる原因になります。

*避けたい食材*

・赤ワイン

・チーズ

・チョコレート

 

【まとめ】

 

市販薬にはカフェインや安定剤が入った薬もあります。

一時的に痛みが治まりますが、飲み始めると手放せなくなる危険性があります。

緊張型頭痛の原因は、頭以外にあることがほとんどです。

市販薬を頼らずおでこ頭痛を治していきましょう!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
【副鼻腔炎の症状】おでこ頭痛を解消する4つの方法
【クーラーの使い過ぎによる頭痛】夏バテ症状の解消法まとめ
【眼精疲労だけではない】スマホ頭痛2つの原因と4つの対策
【二日酔いで頭痛になる原因と解消法】予防まで完全対策まとめ