年々、花粉症に悩んでいる人が増えています。いまは小さな子供でも花粉症になるそうです。

バランスのとれた食事、睡眠をとることが大切ですね。

今回は花粉症の対策のまとめを紹介します。

 

こちらもおすすめ↓
【こめかみ頭痛の治し方】しめつける痛みの解消法



Sponsored Link


花粉症によるこめかみ頭痛の原因は?

花粉症によるこめかみ頭痛2

通常の緊張性頭痛や偏頭痛は血管の広がりや、首や肩の緊張が原因です。

 

花粉症の頭痛の場合は、

「鼻の炎症」が原因になります。

 

鼻の粘膜に花粉が付着すると、アレルギー反応を起こして、中が腫れます。

炎症がおきることで、鼻の中が狭くなり、酸素不足になります。

鼻をかんでも、つまっている感覚なのは、鼻の中が炎症をおこして腫れているからです。

酸素が入りづらいと、こんな症状がおきます。


・睡眠不足

・ストレス

・頭痛

 

蓄膿症(慢性副鼻炎)の症状でも、頭痛がおきます。頭痛を治すためには、花粉症を改善することです。

鼻の通りをよくしてあげましょう。

頭痛を治す花粉症対策はこちらです。

 

ホットタオルで鼻を温める

・フェイスタオルを濡らして軽くしぼる

・電子レンジで約1分チンすると、簡単にホットタオルができる

・鼻の穴を塞がないように、ホットタオルで鼻を包みこむ

・1分ほど温める

・終わってから鼻をかむと、鼻の通りがよくなり持続する

 

蒸気を吸う

・ホットの飲物をコップに作る

・鼻に蒸気があたるようにコップを近づける

 

温かい飲み物を飲む

・緑茶の成分は鼻のとおりをよくします

・カフェインは頭痛を抑える成分が入っています

 

この3つの共通点は、炎症をおこして、堅くなった鼻の血管を、熱でほぐす・柔らかくして、鼻水を出させることです。

痛いときに薬も助けてくれますが、花粉症の薬とおなじ成分が入っている場合もあります。

医者に成分が重複していないか確認してから飲みましょう。

 

花粉症による体のだるさの原因は?

 

花粉症の薬には、アレルギーの炎症を治す成分が入っています。

この副作用で、体のだるさを引き起こします。

もう一つは、体の中で花粉のアレルギーと戦うことで、体力を使うからです。

花粉が鼻に付着すると炎症が起こりますが、体内に入り込むと、血液中の肥満細が集まってきます。

これを追い出すために、体内で対抗をするのが原因です。

副鼻膣炎から、だるさがくることもあります。

対処するにはこの2つを意識します。

 

・睡眠をとること

・鼻のとおりをよくすること

 

頭の位置が低いと、血の流れが悪くなりますし、首の角度がつきすぎると、呼吸が苦しくなります。

そこに注意して、枕の高さを変えましょう。

睡眠をとることで、体力の回復ができ抵抗力をあげてくれます。

 

副鼻膣炎による頭痛とだるさの治し方

 

鼻にあるいくつかの空洞を副鼻膣といいます。

目の下や鼻の横などにある副鼻膣に、細菌やウイルスが付着して炎症をおこすことが副鼻膣炎です。

感染したウイルスが、インフルエンザの可能性もあります。

副鼻膣炎次の2種類にわかれます。

 

急性副鼻膣炎

おもに、風邪などが原因でなります。症状は、鼻が痛むのが特徴。

 

慢性副鼻膣炎

別名「蓄膿症」といわれています。

急性副鼻膣炎とちがって、鼻以外にも症状が出ます。頭痛や歯が痛む場合は、慢性副鼻膣炎(蓄膿症)です

副鼻膣炎の対処法は上記に記載した頭痛とだるさの対処法+2つです。

 

病院で診察しましょう

 

ほっておくと、中耳炎になる可能性があります。

ウイルス・細菌の感染が原因で炎症がおきているので、病院で診察してもらいましょう。

鼻をかんで膿を出しましょう

温めて鼻のとおりをよくしましょう。鼻をかむときは、力んだり、勢いをつけてはいけません。

耳管を通って、炎症を起こしたウイルスが耳にも入って、中耳炎になってしまいます。

ゆっくり数秒使って、鼻をかみましょう。

においがしたり、痛みがでたら、必ず病院にいきましょう。

 

まとめ

 

花粉症は鼻がおもな原因ですが、いろんなところに繋がっています。注意をしないと、耳や目や歯や、頭痛にも影響します。

風邪をひいていたり、ストレスがたまって体が弱っているときになりやすいです。

春に花粉症が増えるので、その時はより体調管理を意識して、防ぎましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
【頭痛を和らげる方法】薬に頼らない最も効果的な対処とは?
【頭痛に効果的な栄養素】つらい頭痛を治すたった一つの飲み物
【インフルエンザや風邪を引くと頭痛になる原因】和らげる4つの方法
【夜間に頭痛が悪化する】2つの原因と4つの対策まとめ