夏バテに効果がある栄養成分は、ビタミンB群やマグネシウムなどです。甘酒には、この栄養成分が全て含まれています。

また、多くのブドウ糖も含まれているので体力低下に力を発揮します。甘酒には、夏バテを解消してくれる底力がありますね。

今回は、夏バテ解消に効果がある甘酒の飲むタイミングや、一日飲んでもいい量をご紹介しようと思います。

 



Sponsored Link


夏バテに効果的な甘酒を飲むタイミグとは?

夏 甘酒

甘酒には2種類あります

 

1 米麹で作った甘酒

2 酒粕で作った甘酒

 

夏バテには米麹で作った甘酒のほうが栄養を多くとることができます。

購入の際は米麹で作った甘酒にしてくださいね。米麹で作った甘酒は、酒粕で作った甘酒よりも甘いのでお砂糖を入れなくても飲めるのもいいですね。

 

つぎに、夏バテに効果的な甘酒を飲むタイミングですが、

夏バテのために甘酒を飲むなら、朝がおすすめ

朝は、これから身体を動かすためにエネルギーが必要です。甘酒には糖分も含まれているので夜よりも朝のほうがいいですね。

甘酒に含まれる成分には食物繊維も含まれています。そのため腸も活発になり便秘も解消してくれますね。

身体がいつも冷えて辛い方は、温めて飲みましょう。

甘酒は、冷やしても温めても栄養分は変わりません。そのため、自分に合った温度で飲むようにしましょう。

 

夏バテに最も効果がある1日の量とは?

 

甘酒は、思ったよりもカロリーが高めです。100mlで81kcalあります。

そのため、身体にいいからと摂りすぎると、かえって逆効果になってしまいますね。

なので、甘酒の一日の飲む量は、マグカップ1杯約200mlがおすすめです。

飲み続けることが大切なので、朝起きたら飲むことを習慣にしましょう。毎日続けて飲むことで、身体の変化に気づくはずです。

夏バテ解消以外にも、便秘気味の方は、便秘解消も期待できますね。

 

夏バテにおすすめの甘酒と一緒に摂りたい食材

 

米麹で作った甘酒は、ドロっとしていて飲みづらいと言う声をよく聞きます。

そんな方は、豆乳や野菜ジュースと割って飲んでも美味しいです。

甘酒を続けて飲むことが大切なので、自分にあった野菜ジュースをいろいろと試してみるのもいいですね。

 

夏バテ解消に効果がある甘酒と一緒に摂りたい食材はこちら↓

 

  • 生姜
  • 果物(バナナ・リンゴ・柑橘類)
  • はちみつ
  • 豚肉
  • 夏野菜
  • うなぎ

 

甘酒には夏バテ解消に必要な栄養素、ビタミンCはありません。なので、甘酒に含まれていないビタミンCを多く含む食材を摂ることをおすすめします。

また、甘酒に果物を入れて凍らせてシャーベットにして食べるのもいいですね。

米麹で作った甘酒にはお酒は入っていません。子供さんも安心して飲むことができるので、一緒に飲んで夏バテを解消しましょう。

夏バテ解消には、バランスの良い食事が大切です。甘酒は、夏バテ解消には良いとされていますが、不規則な食生活の上では、その効果を発揮することはできません。

バランスの良い食事に心がけましょう。

 

まとめ

 

以上、夏バテを解消する甘酒の飲むタイミングをご紹介しました。

 

飲むタイミングは?

  • 朝がいいです
  • 甘酒は冷やしても温めても栄養成分は変わりませんが、冷え性の方は温めて飲みましょう。

 

甘酒の一日飲む量は?

  • マグカップ1杯(200ml)

※甘酒は100ml約81kcalあります。飲み過ぎるとカロリーオーバーになるので気をつけましょう。

 

甘酒と一緒に摂りたい食材は?

  • 生姜
  • 果物(バナナ・リンゴ・柑橘類)
  • はちみつ
  • 豚肉
  • 夏野菜
  • うなぎ

 

甘酒にはビタミンCが含まれていません。夏バテ解消にはビタミンCも必要です。そのため甘酒と一緒にビタミンCを含む食材と一緒にとりましょう。

夏バテには甘酒!毎日飲んで、暑い夏を乗り切りましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
【食欲が落ちた人向け】夏バテ対策におすすめな食べ物まとめ
【熱中症を予防できる】手作りドリンクの作り方を調べてみた
【真夏を乗り切る】夏バテ予防に効果的な食事レシピ3選
【超回復】夏風邪に効く栄養ドリンクをまとめてみた