よく夏風邪は長引くと言われます。

その理由は、夏の暑さで免疫力が低下してウイルスと戦う力が弱ってしまっているからです。

とくに長引く夏風邪の症状の一つに咳があります。咳をするたびにエネルギーが消耗してしまいます。また、布団に入って咳こむことから睡眠不足にもなってしまいます。

今回はそんな夏風邪の症状の一つ咳の対処法について5つご紹介しようと思います。

 

こちらもおすすめ↓
【子供の夏風邪予防】最も効果的な5つの食べ物とは?



Sponsored Link


夏風邪で咳が止まらない時に試したい5つの治し方

咳が止まらない2

 

夏風邪で咳が止まらないと、体力を消耗してしまいます。咳込み過ぎてとにかく、しんどい。。早く咳を止めたいですね。

少しでも咳を軽くする方法を5つご紹介します。

 

1免疫力をアップさせる

2枕を高くするまたは、横向きで寝る

3温かい飲み物を飲む

4はちみつ・パイナップルが咳にきく

5市販の液体の咳止め薬を飲む

 

市販の液体の咳止めを飲む場合、気を付けて欲しいことがあります。

喘息持ちの方は飲まないでください。乾いた咳の場合は、喘息の可能性が高いです。心当たりがある方は病院を受診して適切な指示を貰ってくださいね。

 

この5つが夏風邪の咳に効果的な理由

 

風邪は体力や免疫力低下によって、風邪ウイルスと戦うことができなくなりかかる病気です。

夏風邪は、夏の暑さのため疲労がたまって免疫力が低下して起こる病気の代表みたいなものです。

なので、まずは免疫力アップが最重要になります。

 

1、免疫力をアップさせる

・十分な睡眠をとる

・体温をあげる(ゆっくりお風呂に入る)

・バランスの良い食事を摂る

・禁煙をする

 

十分な睡眠をとる事は、免疫力を回復する一番の近道です。

なぜかというと、免疫細胞は睡眠時のみ作られているから。

睡眠が短ければウイルスと戦う免疫細胞が少なく、体の修復も追いつかないため、非常に不利な状態になります。

なので、出来る限り体調不良の場合は眠る事をおすすめします。

 

 

体温を上げることも重要です。

風邪をひいたら汗をかきましょう!といいますが、あながち間違いではありません。

正しくは汗をかく位、体を温めて体内の免疫力を上げましょうという事です。

体温が上がれば免疫細胞も活発になり、ウイルスと戦ってくれます。積極的に体を温めましょう。

ただし、汗をかいたらすぐに拭いて、汗による体の冷えを引き起こさないようにしましょう。

 

 

免疫力を上げると言えばまっさきに思い浮かぶのが食事ですよね。

免疫力を上げる食事メニューや正しい食べ方を実践して、即効性に対処していきましょう。

 

禁煙は喫煙者だけでなく、非喫煙者も気を付けてください。

タバコの煙、ニコチンは免疫力を下げます。

タバコの煙を吸うと、喫煙者も非喫煙者も血中の酸素が不足し、体全体で酸欠状態になります。つまり、栄養が全身に行き渡りにくくなるという事です。

そうすると、体の修復・改善が行われず、さらに状態が悪化し免疫力低下を加速させます。

私は非喫煙者ですが、風邪をひいた時は絶対に煙があるところにはいきません。いつも以上に煙がしんどい気がするからです。

でもこれは体が本能的に拒否していたんですね。煙は注意してくださいね。

 

2、枕を高くするまたは横向きで寝る

睡眠時、仰向けで寝ると鼻水が喉に落ちて異物と反応して咳こみます。

枕を高くして上位を傾斜する、または横向きで寝ることで、鼻水が流れやすくなり咳もましになります。

 

3、温かい飲み物を飲む

冷たい飲み物は、一時的には気持ちがいいですが、咳が出ている場合は喉を刺激するのでやめましょう。

温かい飲み物を飲んで喉を潤わせてあげましょう。

私は咳風邪をひいた場合、生姜湯をよく飲みます。生姜は温めることで成分が変わります。

温かい生姜湯を飲むことで、身体を温める効果もあるので咳だけでなく風邪全般に効きます。

 

4、はちみつ・パイナップルジュース

パイナップルはジュースにして飲むとより効果的です。

パイナップルに含まれているブロメラインと言う酵素には抗炎症効果があり、痰を除去してくれます。

はちみつを一緒に摂ることで、喉の粘膜の炎症を抑えて咳を和らげてくれます。

 

5、市販の液体の咳止め薬を飲む

咳止め薬は、液体だと喉を潤わせてくれるので錠剤よりも効果があります。

ただ、喘息の方やアトピー症状のある方は控えるようにしましょう。

市販の液体の咳止めには、リン酸コデインが入っているものがあります。これは、気道の分泌が少なくなる作用があります。

喘息発作がある方は痰が吐き出しにくくなるので飲用はやめましょう。

喘息やアトピー症状のある方は病院での診察をお勧めします。

 

まとめ

 

以上、夏風邪の辛い咳に効果がある5つをご紹介しました。

 

1免疫力をアップさせる

2睡眠時、枕を高くして上位を傾斜するまたは、横向きで寝る

3温かい飲み物を飲む

4はちみつ・パイナップルが咳に効く

5市販の液体の咳止め薬を飲む

 

夏風邪で長引く咳は体力を消耗して中々治りにくいです。日頃の生活習慣を見直して、免疫力アップに努めてみてください。

免疫力を上げることで、風邪ウイルスを寄せ付けない身体になれます。

長引く咳は、夏風邪以外の可能性もあります。その場合は、病院での受診をお勧めします。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
【夏風邪のひきはじめ】最も効果的な7つの治し方
【超回復】夏風邪に効く栄養ドリンクをまとめてみた
【強力】咳止めに効く市販の飴玉をランキング形式にしてみた
【最強】強力に効く咳止め薬をランキング形式でまとめてみた