風邪を引いて関節がなんだかズキズキする。この違和感、かなりつらいですよね。

そんな時は布団で休んでいても気になって寝られません。早くなんとかしたい!

今回はそんな方の為に、風邪を引いた時の関節痛を治す方法についてまとめてみました。

 

こちらの記事もおすすめです
風邪を引くと体が痛い!痛みに効く市販薬をまとめてみました

 


Sponsored Link

風邪を引いたときの関節痛の原因とは?

関節痛2

 

以前こちらでも詳しく記事にしましたが↓

熱はないけど関節痛や悪寒がする!その原因とは?

関節痛の原因は熱が原因だと思われがちですが、それは違います。

体内に入ってきた風邪のウイルスに対して、それを撃退するために働く免疫機能により体内に分泌される物質が原因です。

その物質の中に関節の痛みを引き起こすものがあるということで、薬でいえば副作用のようなものといえるでしょう。

 

風邪を引いた時の関節痛を治す5つの方法

 

風邪による関節痛の治し方についてですが、まず最初にお伝えしたいのが、この風邪による関節痛は、「免疫機能が働いている」ことが原因です。

なので、痛みや違和感は、体が回復しないと完全には治りません。

お伝えする治し方は、それでも少しでも痛みを和らげる方法!という考え方で参考にして頂ければと思います。

では、風邪による関節痛を少しでも治す5つの方法についてご紹介したいと思います。

 

関節痛を和らげる5つの方法としては、

  1. 湿布をはる
  2. 鎮痛作用のあるアロマを使う
  3. 入浴する
  4. 熱が上がりきってから解熱剤を飲む
  5. 脇などの太い血管が通る場所を冷やす

があります。

 

1)湿布薬をはる

湿布の効果にある【鎮痛作用】で、痛みを取り除く効果が期待できます。

 

2)アロマを使う

熱がないときは、ラベンダーペパーミントなどの鎮痛作用のあるアロマオイルを使ってリラックスを図るのもよいでしょう。

 

 

最近は無印良品や100均などでも、エッセンシャルオイルが手軽に手に入ります。


Sponsored Link

 

使い方としては、ティッシュペーパーなどに数滴たらして枕元に置く方法がお手軽です。

エッセンシャルオイルは刺激が強いので、手についたら、必ずよく洗い流しましょう。

 

3)入浴する

自分にとっての【微熱】の時に軽く入浴する事をおすすめします。

お風呂に入って体温をあげ、免疫力をあげることで風邪の回復を少しでも早めて、関節痛を治してしまいましょう。

ただし、高熱の場合は、体力と水分が奪われて悪化する恐れがあるので、入浴は控えてくださいね。

 

参考元:http://www.skincare-univ.com/article/008947/

 

4)解熱剤を使う

タイミングよく解熱剤を使って、早めに風邪を治し、関節痛も治してしまいましょう。

 

最適なタイミングは、

【熱のピークが過ぎてから】

がおすすめ。

熱がまだ上がっている時に使用してしまうと、まだ熱を上げて体が戦っているのに、それを邪魔してしまう事になります。

使うタイミングを間違えると、風邪の治りがおそくなることもあります。注意してくださいね。

 

5)太い血管を冷やす

これも解熱剤の考え方と一緒で、熱はあるけど回復傾向になってきたら、体を冷やして少しでも風邪を早く治す方法を取っていきましょう。

風邪を早く治し、同時に関節痛も治していくことが目的です。

 

冷やす場所は、脇の下やふともも付け根など大きな血管が通っている箇所です。

タオルなどにくるんで使ってみてください。

 

私が最もおすすめする関節痛を早く治す方法!

ちなみに私の個人的見解として、関節痛を早く治すコツは

【睡眠】

です。

 

睡眠をとると、「副腎皮質ホルモン」という物質が分泌され、風邪の治癒に役立ってくれます。

この副腎皮質ホルモン(またはステロイドホルモンとも言います)は、【炎症を強力に鎮める】作用を持っているんです。

風邪による炎症を鎮めてくれるので、風邪が早く治る=関節痛が治るという事なんですね。

 

少し前までは、病院でこのホルモンを使った【副腎皮質ホルモン剤】が処方されていたそうです。

これを飲むと症状がピタッと止まり、ウソのように楽になるみたいです。

 

参考元:http://www.webmed.co.jp/onepoint/168-169.html

 

睡眠をしっかり取ることで、この素晴らしい「副腎皮質ホルモン」を体内から分泌させて、少しでも早く関節痛から解放されましょう。

 

こちらの記事もおすすめです
【甘酒は夜寝る前がおすすめ】効果的な飲み方をまとめてみた