豆乳ダイエットは、運動も食事制限も必要なく、豆乳を飲むだけのダイエット方法のため、多くの女性が魅力を感じ、挑戦しています。

しかし、成功した、失敗した、という口コミでは反応に違いがあります。

豆乳ダイエットでは、「飲むだけ」という利点がありますが、実は上手く痩せるためのコツがあるのです。

「飲むだけじゃないの?」と不安になっている方もいらっしゃると思いますが、実際は「飲むだけ」ですので、ご安心ください。

では、コツとは一体なんなのか、また寝る前の飲むことでどのような作用があるのか、調べてみました。

豆乳ダイエットに挑戦する前に、上手く痩せるための基礎知識を頭に入れておきましょう。


Sponsored Link

寝る前に飲む豆乳でダイエット効果はあるの?

http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2014/04/shutterstock_255330382.jpg

 

豆乳はダイエットに効果的なのか、という問いには「効果あります!」と答えられます。

寝る前に何かを飲むことに、抵抗がある方も多いでしょう。

体は眠ってしまうと、消化器官などの内臓の活動も穏やかになり、いわば消化する機能が落ちます。

しかし、ご心配には及びません。

豆乳は非常に消化吸収が早く、胃に負担をかけないのです。

そのため、寝る前に飲んでも太る、という心配はないのです。

寝る前に豆乳を飲むことで女性ホルモンの影響を受けやすくなり、体温を維持するための褐色脂肪を蓄積し、痩せやすい体質を作ります。

実は、寝る前に豆乳を摂取すると代謝が促され、エネルギーが体に溜まります。

すると、不要になった脂肪や糖分を消費するようになり、効果的に痩せることができるのです。

寝る前に豆乳を飲むことは、太るどころか、痩せる効果の方が大きいのです。

 

豆乳に含まれる成分

豆乳といえば「美容にいい」「女性に嬉しい成分が多く含まれている」というイメージが強くありますが、その他にも健康維持やダイエットにも効果的な成分がたっぷり含まれています。

それが、この6つの成分です。

 

  • 大豆イソフラボン
  • 大豆たんぱく質
  • 大豆サポニン
  • 大豆レシチン
  • リノール酸
  • 大豆ペプチド

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造をしており、体内でエストロゲンに似た働きをします。

健康に痩せるためには、ホルモンバランスも整えつつ、イライラすることなく痩せたいですよね。

大豆たんぱく質の中にある「β-コングリニシン」という成分は、内臓脂肪や中性脂肪を低減させる効果があると、研究で判明しました。

思わずダイエット効果を期待してしまう研究ですね。

他にも、腸内環境を整える善玉コレステロールの生成に役立つ大豆サポニン、大豆レシチン、リノール酸や、複数のアミノ酸が結合している大豆ペプチドの、普通のアミノ酸よりも吸収が早く、基礎代謝を上げて体脂肪の燃焼を促すなど、豆乳に含まれる成分には、ダイエット効果があるものが多いのです。

この効果だけでも、思わずすぐにでも取り入れたくなりますね。

 

寝る前に飲むときのコツ!

https://www.pakutaso.com/20140458092post-4017.html

より効果を感じるため、豆乳ダイエットの4つのコツを掴んでおきましょう。

  1. 1日の量は200mlがベスト!
  2. 寝る30分~1時間前くらいに飲みましょう
  3. 女性は「生理7日前から生理日に飲む」こと
  4. 寝る前に飲む豆乳は無調整のものを選びましょう

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、大量摂取するといい効果が得られなくなってしまいます。


Sponsored Link

大豆イソフラボンの1日の摂取量は、男性だと75mg、女性で閉経前だと64mg、閉経後だと74mgと、性別や体の変化で変わっています。

それを踏まえても、1日に200mlがちょうど良い量なのです。

また、寝るギリギリに飲むのではなく、30分~1時間前に飲むことで、成分をしっかり体へ消化吸収することができます。

女性は生理があるためか、ホルモンバランスが変わりやすい体質です。

ダイエット目的で豆乳を飲むのであれば、毎日飲むものではなく、生理7日前から生理日までの1週間に飲むことで、より効果が得られます。

そのため、豆乳ダイエットを取り入れる前に、まずは自分の生理周期をしっかり認識しておくことも大切です。

「無調整の豆乳は苦手…」という方もいらっしゃると思います。

その場合、無調整豆乳をアレンジして、取り入れてみましょう。

 

豆乳ダイエットの効果をさらに上げるコツ!

https://www.photo-ac.com/main/search?q=パイナップル&srt=dlrank

豆乳ダイエットを、効果をさらに上げるコツとして、アレンジ豆乳があります。

豆乳に含まれる大豆ペプチドは、代謝を上げる効果があります。実はこの大豆ペプチド、アレンジ方法によって増やすことができるのです。

そのために必要なのが、フルーツ酵素です。フルーツ酵素と豆乳を混ぜることで、大豆ペプチドは増えていくのです。フルーツの中で酵素を多く含むのが、パイナップルです。

準備するのは、無調整豆乳を200mlと生パイナップル40g、これだけです。

この2つミキサーで混ぜ、その後30分~1時間ほど室温で放置してください。この間にフルーツ酸と豆乳が反応し、大豆ペプチドを作り出します。

パイナップルは生が一番いいのですが、ない場合は100%のパイナップルジュースやキウイでも代用可能です。

 

豆乳を寝る前に飲むなら気を付けたい事

https://www.photo-ac.com/main/search?q=歯磨き&srt=dlrank

 

  • 飲んだ後に歯磨きかうがいをしましょう
  • 体を冷やさないことで肌荒れ防止

 

寝る前に何かを口にするとなると、虫歯になるかが気になりますよね。

豆乳には、無調整でも糖分が含まれているので、できることなら飲んだ後に歯磨きをするのがベストです。

「いつも食後すぐに歯磨きしてしまう」という方は、豆乳を飲んだ後にうがいをし、虫歯予防をしましょう。

豆乳を飲むことで肌荒れが悪化するのは、豆乳には体を冷やす作用があるからです。

体が冷えることで代謝が悪くなり、毒素も体内に溜まってしまいます。

肌荒れが気になる方は、アレンジ豆乳でホットのアレンジを取り入れて、体を冷やさないようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

要点さえ押さえれば、本当に「豆乳を飲むだけ」でダイエット効果はあるのです。

 

寝る前に飲む豆乳ダイエットで注意しておきたいのは

  • 女性は自分の生理周期をしっかり確認すること
  • 寝る30分~1時間前に飲むこと
  • 飲む量は200mlがベスト
  • できれば無調整を選ぶこと
  • イソフラボンの過剰摂取に注意
  • アレンジは豊富
  • 虫歯が心配な方は飲んだ後に歯磨きを
  • 体が冷えないようにホットアレンジも取り入れる

 

豆乳ダイエットは、「飲むだけ」だからこそ、その効果はゆっくりと出ます。

気長に続けて、しっかり豆乳でのダイエット効果を感じましょう。