厳しい寒さが終わると春がやってきます。環境が変わることも多く重いコートを脱いで、「さあ、やるぞ!」と気持ちを新たにする季節でもあります。

春は冬から夏に向かってだんだんと暖かくなってきます。

しかし春は体調不良になりやすいと聞いたことがありませんか?暖かくなってきたのになんとなく調子が悪い、という場合は春という季節が理由かもしれません。



Sponsored Link


自律神経の乱れ

春 体調不良 

暑いと汗をかいたり、寒いと体が勝手に震えて熱を作ろうとしたりするのは、自分で考えるよりも先に体が反応します。

これは自律神経の働きによるもの。

自律神経は自動的に働いて体の機能のバランスを調整する神経です。

自律神経は大きく分けると交感神経と副交感神経の2種類で、それぞれ対照的な効果があり、状況に応じて体に働きかけます。

 


交感神経・・・
緊張、ストレス、運動を行うときに働きかける神経です。主に日中に活発に活動しています。

 

副交感神経・・・休息や睡眠の時間などリラックスしているときに活動します。

 

冬の寒い間は体を温めるために交感神経が活発に働いている状況です。

暖かくなってくると体を温める必要がないので副交感神経の働きが活発になります。

しかし、春とは常に暖かいわけではありません。寒い冬から暑い夏に向かって気温差が激しくなる季節です。

服装の調節が難しいように、暑くなったり寒くなったりする春に、体が対応しきれず自律神経の調節が難しくなるのです。

自律神経は体のさまざまな機能を調整する神経です。自律神経が適性に調整できないと体に悪影響が出て体調不良の原因になることがあります。

 

不眠

 

春になると疲れているはずなのになかなか眠れなかったり、寝たはずなのに疲れがとれないことがあります。

 


・日の出が早くなり、日を浴びることによって脳が覚醒する
・環境が変わる節目の季節なので起床時間が変化しやすい

・アレルギー体質の人は花粉に体が反応してしまう

・環境の変化に心が対応しきれず、考え事が多くなる

 

冬は体が暖まらず眠るのに時間がかかりますが、春は眠るのに集中しにくい条件が重なっているのです。

春は冬よりも早い時間から布団に入るようにしましょう。

早めに眠るようにすることによって、朝日が昇るまでの時間に余裕ができて熟睡できる時間が伸びます。

眠るまでにあれこれと考えてしまう場合は、アイマスクを利用するのもオススメです。

 

春 体調不良 1

 

アイマスクをすると強制的に視界が暗くなります。自然と目を開くことがなくなり、副交感神経が活動しやすくなります。

体が眠る体制をスムーズに整えられて寝つきやすくなるのです。

 

春うつ

 

春は引っ越しや部署移動など多くの人の環境が変わる季節です。

親しかった人と別れることもあります。心機一転、新たな気持ちで頑張ろうと思う一方、今までと違う環境に不安や緊張を感じるものです。

緊張や不安を感じると交感神経が活発に働きます。

春うつと言っても対処方法はうつ病と同じです。

自律神経が乱れると春うつの症状が出やすくなるので、緊張を感じやすい環境でもリラックスを心がけましょう。

環境が変わって真面目な人は「改めて頑張ろう! 」という気持ちが出てきやすいですが、楽に構えて頑張り過ぎないようにしましょう。

真面目な人なら普段から頑張りすぎているかもしれませんから、少しリラックスして対処するくらいが丁度いいかもしれません。

職場や学校では頑張ってしまったとしても自宅に帰ったら気持ちを切り替えて思いっきりリラックスしましょう。

気持ちを切り替えることで副交感神経が働き心のバランスがとれるようになります。

 

冷え

 

冬は厳しい寒さに耐えられるように、交感神経が活発に働き血管がぎゅっとしまって体温を極力無駄にしないようにしています。

春は暖かくなってきますが、夏に向けての過渡期でもあるので急に暖かくなったり寒くなったりと温度が定まらない季節。

急激な温度変化に自律神経の働きが間に合わなくなり冷えやすくなるのです。

ぽかぽかと暖かい季節なのでつい薄着をしてしまいがちですが、春こそ冷え対策はしっかりするべきです。

 

冷え対策の基本は頭寒足熱です。

 

下半身を温めると血行が促進されます。温まった血液が体中を巡るようになるので、体中が温まります。

分厚いコートを着て下半身がミニスカートでは下半身が冷えてしまって、体が芯から温まることはできません。

腹巻きや機能性インナーを使うと下半身を温めながらファッションを楽しむことができます。

 

ストレス

 

4月から始まる新たな環境でのスタートで頑張り過ぎて後からドーンと気持ちが暗くなるのは5月病の有名な症状です。

5月病は新入生や新社会人に多いイメージですが、彼らを迎える側も人間関係の変化があります。

転職や異動、離婚や引っ越しなど変化は楽しみも多いですが、不安や緊張もあり知らず知らずのうちに大きなストレスを抱えてしまうのです。

 

ストレスをためないようにするには

 


・人に相談する
・ストレスに敏感になる

・自分のためだけの好きなことをする時間を作る

・くよくよ悩まない

・助けてもらえる人を作っておく

 

新しい環境は馴染むまでわからないことが多くあります。

馴染めるか、うまくできるか不安や緊張が続き悩みはつきません。

しかし新たな環境に入ったばかりでわからないことは、時間が経てばわかることも多くなります。

悩んでも仕方ないことは「後で考えよう」とすぱっと気持ちを切り替えて、悩まないようにしましょう。

時間とともに問題ではなかったことがわかったり、良い案が浮かんだりするこもあります。

 

まとめ

 

春は環境の変化と、気温の変化で自律神経が乱れやすい季節。

ここまで聞くとトラブルばかりで春が嫌いになってしまいそうですが、ポカポカとした優しい日差しが気持ちいい美しい季節です。

自律神経や体調を整えて思いっきり楽しみたいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
秋の体調不良の原因は?具体的な解消法まとめ!
夏の体調不良の原因と解消法!夏場を乗り切るコツ!
ストレスで免疫力が低下すると起こる体への影響とは?
疲労回復に効く飲み物!コンビニで手に入るものまとめ!
梅雨の低気圧による体調不良の原因と具体的な対策まとめ!