人間の体は何処かが悪いと、いろんなサインを出してくれます。

 

咳と痰だけではなく、喉の痛みも伴う病気はなんなのか?

医療機関に行くには早いほうがいいのか?症状別に調べてみる事にしました。


Sponsored Link

のどの痛みとせきや痰がひどい時に考えられる病気とは?

 

調べてみると、せきと痰がでる症状の病気はたくさんあるのですが、そこに喉の痛みを伴う症状の病気になると絞られてきます。

 

・風邪(風邪症候群)
・インフルエンザ
・マイコプラズマ肺炎
・喉頭アレルギー(スギ花粉の症状がでます)
・気管支肺炎
・COPD(肺の炎症による病気。たばこの煙が原因)

 

これらが考えられます。

 

風邪(風邪症候群)

 

風邪は呼吸器の炎症からくる病気です。喉の痛みや痰や咳がでます。

 

喉の痛みの殆どは 風邪からくる喉の炎症です。子供さんの場合長引いてくると、扁桃炎から急性中耳炎になる可能性があります。

 

インフルエンザ

 

インフルエンザと風邪は全く違うものです。

 

風邪は呼吸器の炎症からくるいろいろな症状を伴う病気ですが、インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染して起こる病気です。

 

インフルエンザは感染力が強く多くの人に感染します。

 

きちんと治さずにいると、いろんな病気(肺炎・気管支炎-脳炎・心不全)を併発してしまう場合があります。きちんとウィルスを退治しましょう。

 

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は咳が長く続くと言う症状があります。

 

炎症を起こす場所が、間質と言って気管支や肺胞の外にある組織の為、普通の肺炎のように補聴器で痰が絡む音が聞こえてきません。

 

ただし炎症が広い範囲にひろがるとゼイゼイといった音が聞こえてきます。潜伏期間が2~3週間と長い為注意が必要です。

 

 

他にも、

・喉頭アレルギー(スギ花粉の症状がでます)
・気管支肺炎(風邪やインフルエンザから発症する)
・COPD(肺の炎症による病気。たばこの煙が原因)

等があります。


Sponsored Link

 

 

何科を受診する?病院へいくタイミングは?

 

たくさんの症状がでてきている場合は、総合病院をお勧めします。

 

まずは内科に受診されてから、症状によって専門医

 

・耳鼻咽喉科
・アレルギー科
・呼吸器科

 

に行かれる事をお勧めします。

 

長引く咳がどこからきているのか?

アレルギーからきているのか?

ウィルスからきているのか?

風邪からきているのか?

 

早くにみつけだし、対処をしましょう。

 

病院へいくタイミングですが、

 

・高熱がある場合(38℃以上)
・ゼイゼイと言う音が聞こえる
・痰がでる(色がついた痰)
・飲み込む時に喉の痛みを感じる
・頭痛がする

 

このような症状が長く続く場合、体が消耗してしまいます。

早めに病院に行かれる事をお勧めします

 

自宅で様子をみるなら気を付けたい事

 

症状が悪化していないかの見極めは大事です。

悪化していると判断したらすぐに医療機関を受診してください。

 

手洗いうがいを毎日こまめにして、部屋が乾燥しないように常に気を付ける(加湿器がない場合は、濡れたタオルを部屋に干すだけでも違います。

洗濯物を部屋の中に干すのもいいですね!

消化のよい胃に優しい食事をとり、喉に優しい飲み物を飲んでください。

体を休める事が一番なので、部屋にアロマを焚いてゆっくりと静養をしてください。

 

リラックスして副交感神経を優位にしましょう。

 

まとめ

 

喉の痛みと咳と痰が酷い場合の原因と対策を調べてみました。

喉の痛みも痰がでる事も咳が伴う事も、その症状が重くなると体のいろんな所に悪影響を及ぼす事がわかりました。

人間の体はどこか一つでも悪くなると生活に支障がでてきます。

毎日、規則正しい生活をして、体になにかしらのサインがあったら、すぐに対処をして休む事が大事だと思いました。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
喉の痛みがひどい時の対処!すぐに和らげる方法は?
風邪でのどの痛みがツラい!正しい対策と予防法!
風邪やインフルエンザはマスクで予防できない理由と5つの対策!