のどが痛いと食事ができない!つばを飲み込むのも辛いと飲み物も飲めなくなってしまいます。

食事がとれないと言う事は体力を消耗してしまい、生活に支障をきたす事になります。

そこで私は、風邪で、辛い喉の痛みについて正しい対策と予防法を調べてみました。

 



Sponsored Link


風邪による喉の痛みに効く効果的な3つの対策!

 

風邪からくる喉の痛みは喉が炎症をしていると言うことなので対策は喉の炎症を抑えると言う事です。

 

1、うがいをする(喉の炎症を抑える)
2、刺激の少ない食品をとる
3、部屋の中を乾燥させない

 

 

1、うがいをする(喉の炎症を抑える)

 

風邪による喉の痛みは喉の炎症から起こるので、喉の粘膜に付いた細菌を洗い流しましょう。

喉の粘膜についた細菌は乾燥していると活発になります。

うがいは、喉の乾燥を潤してくれるので細菌の活動を抑える効果があります。またマスクを使うだけでも喉の乾燥を防ぐ事ができます。

 

2、刺激の少ない食品をとる

 

のどがツラい時におすすめの野菜は、

・大根
(消炎作用があります。大根おろしは咳にもいいと言われています。すりおろして使うと効果的です)
・生姜
(咳を鎮めてくれます。私は日ごろから健康維持の為に生姜ジュースを飲んでいます。生姜をすっていろんな料理に使いましょう)
・れんこん
(炎症を抑えてくれます。大根と同じように、すりおろして使うと効果的です)
・ねぎ
(炎症を抑えてくれます。ねぎを首に巻くといいと昔の人はいいましたが、それはどうも正解みたいです)

 

 

のどがツラい時におすすめの果物は、

・梨
(随分を多く含んでいるので喉の乾燥を防いでくれます。)
・はちみつ
(炎症を抑えてくれます。喉が痛くて疲れたなあ~と思ったら、紅茶に混ぜて飲んでみてください)

 

 

3、部屋の中を乾燥させない

 

部屋が乾燥していると喉の炎症が悪化します。常に加湿しておきましょう。

加湿器を使う。加湿器がない場合は、部屋に濡れたタオルを干しておくだけでも違います。

洗濯ものは部屋の中に干すのもいいですね。細菌は乾燥すると活発になる事を頭においておきましょう。

 

痛みがひいたら繰り返さない3つの予防方法

 

痛みがひいたら繰り返さない予防方法としては、

 

免疫力を高める
生姜ジュースを飲む
水うがいをする

 

この3つが効果的です!

 

1免疫力を高める

朝起きたら、軽い筋トレをするようにしています。腕立て伏せだったり屈伸運動だったり簡単な動作でいいと思います。

体がポカポカしてきたら免疫力があがったサインです。体温があがると免疫力がアップするそうです。

 

2生姜ジュースを飲む

生姜を輪切りにして一度お湯にいれさっと煮る。消毒した瓶に生姜とはちみつを入れる。

私はまるごと生姜も食べますが、うすめて生姜ジュースにして飲みます。

生姜ジュースを飲むようになって風邪はひかなくなりました

 

3水うがいをする

風邪をひいていない時は水うがいで十分です。イソジンを使う人もいますが水うがいのほうが風邪をひきにくいそうです

 

まとめ

 

風邪で喉の痛みが辛い時は、早めに対処して悪化させない事を一番に考えてください。

喉の痛みは酷くなるといろんな病気に発展する可能性があります。

つばを飲み込む事もできなくなる程の炎症を起こして食事も喉に通らなくなると体力を消耗して生活にも支障をきたします。

毎日のうがいと手洗い。規則正しい生活。

適度な運動をして免疫力をあげて、疲れた時は早めに休むよう心がけましょう。

オンとオフを上手につかい、ストレスを溜めないでいる事も大事だと思います。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
風邪を早く治すコツ!咳や喉の痛みに効く正しい方法!
唾や食べ物を飲み込むと痛い!その原因と対処は?
喉の痛みがひどい時の対処!すぐに和らげる方法は?