冬になると寒さが堪えますね。

女性がなりすい冷え性に重なって、より体が冷えてしまうので、食材を活用して体を温めましょう!

体を温める食材と一人暮らしにおすすめ!簡単レシピも一緒に紹介します。



Sponsored Link


ジャガイモの効果とは?

じゃがいも

食材と中薬をつかって、病気を治すことを目的としたものを薬膳料理といいます。

薬膳学でじゃがいもは、どの食材とも合わせやすい平性で、体質を改善する補気類に入り、冷えを治してくれる食材です。

冷え症に悩んでいる体質ごと、治すことができるのが”じゃがいも”なのです!

 

体を温めるジャガイモ簡単メニュー

 

最初に紹介するのは、男性人気の肉じゃがを抑えての1位に君臨した”カレーライス”です!

 

*材料*

じゃがいも・・・2個

たまねぎ・・・1個

にんじん・・・1/2

牛肉・・・150g

カレー粉

カレー粉に記載されている水の分量

コンソメ・・・1個

 

カレー用のお肉が、なかなか売っていなくて値段もたかいので、牛の細切れ肉や豚バラを使ってもおいしくできます。

 

*作り方*

・じゃがいもはイモの芽をとってひと口サイズ、にんじんは乱切り、たまねぎはくし切りにします

・お肉と玉ねぎを先に炒めます。お肉の色が変わってきたら、残りの野菜も一緒に炒めます

・全体的に火が通ったら、決まった水を入れてコンソメを投入。しばらく煮込みます

・沸騰してあがってきたアクを取り除いて、カレー粉をいれて、混ぜながら煮込んでいきます

・とろみがついたら完成です。

 

一人暮らしでも、カレー粉半分使って作った方がおいしく節約もできます。

 

*おすすめする理由*

カレーは冷え性を改善できる食材を使ったレシピです!

人参も体を温める食材です。

血液をサラサラ・流れを良くすると、栄養も老廃物も体を巡りながら流れていくので、冷えを改善できます。

たまねぎは血液をきれいに、カレー粉に入っているスパイスは血行を良くしてくれる効果があります。

カレー粉に入っている唐辛子などの辛みも体を温めて代謝をあげるので、いいところをふんだんに詰め込んだうれしいメニューです!

 

体を温めるジャガイモ簡単メニュー2

じゃがいも味噌汁

冷え改善に、一人暮らしで活躍する”じゃがいもとたまねぎの味噌汁”がおすすめです!

発酵食品も体を温める力をもっています。

味噌も発酵食品なので、じゃがいも以外でもきのこ類やキャベツ・野菜を使った味噌汁を毎日食べるようにしましょう。

 

体を温めるジャガイモ簡単メニュー3

 

最後に紹介するのは女の子の定番”肉じゃが”を紹介します!

 

*材料*

牛肉・・・150g

じゃがいも・・・3個

にんじん・・・1本

たまねぎ・・・1個

砂糖・お酒・みりん・しょうゆ・・・大さじ1

鰹だし・・・150ml

 

*作り方*

・カレーと同じように食材を切っていき、おなじ手順で食材を炒めていきます

・食材に火が通ったら、鰹だしとお酒を加え沸騰したら、弱火で5分煮込みます

・残りの調味料を加えてなじませたら、落とし蓋をして水がなくなるまで中火で煮ていきます

 

鰹だしを使うので、調味料が少なくてもおいしく、全部大さじ1なので間違えず簡単に作れます!

冬に向いている・冷え性を改善する・気の巡りをよくするレシピなので、食べると体の中からぽかぽかしてきます。

*ユーキャンの薬膳コーディネーター・薬膳レシピ集を参考にしました*

 

まとめ

 

温かい飲み物を飲んでも、栄養が足の先まで届かないで終わってしまうので、体の中から温めることがいちばんの解消法です。

血管は体中にいる重要な存在なので、細くなった血管を広げて血の流れをよくしてあげましょう。

食材からとれる栄養が血を巡って栄養を届けてくれるので、この冬はじゃがいもを活用して、冷え改善&風邪をひかない体を目指しましょう!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
コンビニで手に入る体を温める食べ物と飲み物まとめ!
体を温める食べ物!りんごの簡単ホットメニュー!
ハーブティで冷え性改善!おすすめメニューと飲み方は?
妊娠した時の冷え性改善に効くおすすめ漢方まとめ!
生姜入りルイボスティーを最も効果的に摂る方法!