ルイボスティーが便秘に効果的であるとネットで話題になっています。

でも、私の経験上ルイボスティーが便秘に効果があったかと言うとあまりなかったようにも思います。では何故、ネットでルイボスティーが便秘に効果的だと言われているのでしょう?

今回は、ルイボスティーが便秘に効果的な理由やおすすめの飲み方等を調べてみることにしました。

はじめに、ルイボスティーが便秘に効果的な理由を調べてみました。



Sponsored Link


ルイボスティーが便秘に効果的な理由とは?

ルイボス便秘解消

私の経験上、ルイボスティーは便秘解消には効果がなかったと話ましたが、ネット上で効果があった話をいろいろと調べてみると、あることに気がつきました。

 

*便秘にはマグネシウムが必要

 

病院で処方される便秘薬でよく出される薬・マグラックスやマグミックスといった薬をきいたことはありませんか?

一般名は酸化マグネシウムと言われています。実はこの薬の中にはマグネシウムが入っています。

 

作用としては、腸内に水分を引き寄せ、便を軟化増大させます。その刺激で腸の運動が活発になり便通がつきます。と書かれています。

つまり、便を柔らかくして排出しやすくするという事です。

 

ルイボスティーには、このマグネシウムが入っています。

 

だから、世間では広く便秘解消に効果があると言っているんですね。実際に効果があった人も便がまず柔らかくなったと言っているようです。

つぎに便秘解消におすすめの飲み方を調べてみました。

 

便秘解消におすすめの飲み方

 

便秘は腸内環境をよくすることが大事です。

 

・食物繊維を多くとる
・ヨーグルト(腸内細菌を増やす)を食べる

 

これを踏まえて、便秘に一番いい飲み物はズバリ「スムージー」だと思います。

 

食物繊維がたっぷり入った野菜や果物を入れてヨーグルトをいれたスムージーを飲むことが便秘解消の早道ではないかと思います。

腸内環境が整ったところで、温かいルイボスティーを飲み続けると早い人で1週間、遅くても1ケ月後には便秘解消の効果があらわれてくると思います。

腸は夜に活発になると言われています。ルイボスティーを寝る前に1杯飲むことをお勧めします。

つぎに、ルイボスティーと合わせたい食べ物を調べてみました。

 

ルイボスティーと合わせたい食べ物とは?

ヨーグルト

それはズバリ食物繊維を多く含む食事です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。この二つを上手にとるようにすることが大事です。

 


水溶性食物繊維を主に含む食品
【昆布・わかめ・・ニンジン・モロヘイヤ・リンゴ・みかん】
不溶性食物繊維を主に含む食品【インゲン豆・エンドウ豆・枝豆・おから・ひよこ豆】

 

*さらに効果を高めるにはヨーグルトを食べる事をおすすめします!

腸内に乳酸菌やビフィズス菌を入れてやることで、さらに腸内環境はよくなります。ヨーグルトを選ばれるときは、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むものを選ばれることをお勧めします。

これらを多く含む料理を食べるとより腸内環境がよくなります。ルイボスティーを一緒に飲むことでさらに便秘解消の効果を発揮します。

 

他にも、便秘は食生活だけではなく、ストレスや運動不足からも起こる場合があります。適度な運動とストレス発散を心がけることも必要です。

 

まとめ

 

ルイボスティーを飲むことで、便秘解消の効果を最大限に引き出すコツを調べてきました。

ルイボスティーには病院で処方される便秘薬に含まれている、マグネシウムが入っていることがわかりました。

また食物繊維が多く入った食品をとり、ビフィズス菌や乳酸菌が入ったヨーグルトと一緒に温かいルイボスティーを夜に飲むことで便秘解消の効果はさらにアップします。

ぜひ、一度試してみてはどうでしょうか?早い方で1週間、効果が表れない方でも1ケ月飲み続けることで身体に変化がでてくるはずです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
ルイボスティー効能!下痢体質を改善する理由と飲み方!
ルイボスティーの味が苦手でも美味しく飲むコツ!
ルイボスティーの効果が出やすいおすすめの量とは?
ルイボスティーの効果的な淹れ方!美味しく入れるコツ!
ルイボスティーで効果なしだった方の原因と対策まとめ!