日常生活でやっかいなのが頭痛です。

多くの日本人が悩んでいる問題で、いまは子供も頭痛の薬を飲むことも増えました。

わたしも小学校のときに頭痛で吐いてしまい、病院にいったら偏頭痛でした。

今回はこめかみ頭痛といわれる偏頭痛について解消法を紹介します。

こちらもおすすめ↓
【花粉症症状】こめかみ頭痛やだるさに対する治療まとめ



Sponsored Link


しめつける痛みの原因とは?

偏頭痛2

こめかみ頭痛は、偏頭痛に分類されます。

偏頭痛の痛みの原因は、緊張がゆるまり開いた血管が三叉神経を刺激するので、血管の周辺に炎症が起こることです。

こめかみの場合、片方の血管が拡張し、神経を刺激するからです。

血管が急に大きく膨れる理由は色々考えられます。


・ストレスを抱えている
・暴飲暴食をしている

・最近眠れていない

・気圧が低い

・天気が悪い

・パソコンやスマホの光を長時間浴びている

・寝すぎたとき

・騒音が大きい

・人込みの中にいる

寝すぎたときに痛い頭痛も偏頭痛です。

 

こめかみを締め付けられる頭痛になる人の特徴

 

なる人の特徴の1つとして、遺伝している可能性もあります。

体調が悪いときや眠れていないときは、偏頭痛の度合いが変わってきます。

普段より症状が重くなり、吐いたり起きあがれなかったり、日常生活に影響してきます。

特徴として以下の人があげられます。


・デスクワーク
・パソコンを長い時間使う人

・スマホをいじる習慣がついている人

・家事や生活が忙しい人

・頑張りやさんの人

・接客業の人

・夜寝れていない人

・考え込むことが増えた人

 

大きく分類すると、

・強い光を長時間浴びている、目をよく使っている

・騒音、雑音、人の出入りが激しい場所で勤務している

・ストレスを溜めている人

 

が特徴になります。

 

あとは、女性がなる場合が多いです。

家事も大変だし、女性より体力が少ないです。

女性ホルモンの影響でどうしても情緒不安定になり、ストレスも感情に振り回されることが多いので、男性よりため込みやすいです。

上手に薬と自分にあった対処法を見つけて改善していきましょう。

 

こめかみ頭痛の治し方とは?

 

こめかみ頭痛(偏頭痛)の治し方は色々な方法があります。

自分にあった方法を見つけてほしいので、様々なジャンルで紹介していきます。

治すポイントとして、偏頭痛は血管が拡張されることが大きな原因なので、血管を元に戻す必要があります。

 

 

市販薬でも痛みを抑えることが出来ます。

痛みだけを抑えるなら「ロキソニン」

鎮痛剤成分のみ入ったシンプルなお薬ですが、飲む数が少なく溶けやすいことが魅力です。

ほかの市販薬より、少しだけ回数が多くて値段も安いです。病院で使っている成分が入っているので効き目も抜群です。

 

胃が弱い人は「バファリン」

鎮痛剤成分と、胃を守ってくれる制酸剤が入っています。痛みを抑える成分は、胃が荒れやすいです。

女性用のバファリンもでているので、こちらも良いですよ。私も愛用しています。

 

ひどい痛みに悩んでいる人は「ナロンエース」

痛みの元をブロックして、すぐに治してくれます。

一緒に入っている鎮痛成分でも痛みをブロックして、緩和作用を高めてくれます。

鎮痛成分2つと眠くならない成分が入っています。ただ、鎮痛成分が強いので胃があれる心配があります。

 

偏頭痛持ちにおすすめの食材

 

偏頭痛に効くおすすめ食材は「ほうれん草」です。

ほうれん草に豊富に入っているビタミンBが、血圧を下げて傷みも治してくれます。

頭痛の予防もしてくれるので、積極的に食べてください。

痛いときに飲みたいのは「お茶」と「カフェイン」

コーヒーは痛みをとってくれる効果があります。

飲み過ぎは体に悪いので、1杯飲んで様子を見てから2杯目でおわりにします。

お茶もおなじ効果にくわえて、利尿作用が頭痛の緩和を助けてくれます。

 

痛いところを冷やす

 

拡張した血管を治すためにいちばん効果があるのは、冷やすことです。冷たいタオルを肩や首にあてたり、氷水で痛いところを冷やしてください。

絶対にしてはいけないことは、マッサージと温めることです。

 

まとめ

 

目の疲れも関係するので、暗い部屋で過ごしたり、横になって休んで無理をしないようにしましょう。

習慣化しやすいので、薬のほかに自分にあった対処法を作りましょう。

よかったら、紹介した方法や内容を参考に見つけてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
【おでこがズキズキ】つらい頭痛を起こす2つの原因と4つの対策
頭痛と手足のしびれ原因は?効果的な対策まとめ!
おでこ頭痛の即効性のある対策と正しい予防法まとめ
【頭痛を和らげる方法】薬に頼らない最も効果的な対処とは?