ホワイトチアシードは黒のチアシードよりも値段が少々高め。それは、選ばれた種だからです。

サルバチアシードと言われる品種で、10年もの月日を経て白いチアシードだけが収穫できるように品種改良されました。

品質が安定しているので、消費者には安心です。これって凄いですね。チアシードのいわば女王様です。

今回はそんなホワイトチアシードの効果と食べ方を調べてみました。


Sponsored Link

効果を最大限に引き出せる食べ方とは?

 

ホワイトチアシードも通常のチアシードも食べる方法としてはほぼ一緒です。

チアシードは、種なので砕いて食べるとより効果的だと言われています。

最大限に引き出せる食べ方と言えば、種を砕くことにあると思います。

砕いた種を、10倍の水に12時間つけて置く。一日大匙1杯を守ってください。

 

ただ注意点としては、食べ過ぎると逆に便秘の原因になってしまいます。水につけずに食べることは絶対にしないでください。

チアシードには発芽毒が残っている場合があります。水につけることで発芽毒は消滅します。

 

ホワイトチアシードは通常のチアシードと違って色が白いので見た目がとても綺麗です。

見た目も気になる方は、ホワイトチアシードがお勧めです。

長く続けることが大事なので、自分のお気に入りで試してみてください。

 

ホワイトチアシードの素晴らしい効果!

ホワイトチアシードの効果 1

 

まず初めに、通常のチアシードとホワイトチアシードの違いについてお話します。

空腹感にはホワイトチアシード!

ホワイトチアシードは約14倍にも膨らみます

黒いチアシードは約10倍くらいです。

空腹感をまぎらわしたい人にはホワイトチアシードのほうが断然有利ですね。

 

栄養成分の違い 【オメガ3】が豊富!

ホワイトチアシードは大匙1杯あたり3425㎎あります。

黒いチアシードは大匙1杯当たり3100㎎とホワイトチアシードのほうが成分としては優秀です。

 

オメガ3とは?

それは、人が体内で生成することができない油のことです。

DHA・EPA・DPAの3つからなり、脂肪酸は細胞が正常に機能するために不可欠なものです。

また、血液の流れをよくしてくれる有効成分のことです。


Sponsored Link

DHAとは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれています。脳の発育に欠かせません。
EPAとは、エイコサペンタエン酸と呼ばれています。血液の流れを改善し、肥満や高血圧の方にいい成分です。
DPAとは、ドコサペンタエン酸と呼ばれています。DHAやEPAと同じ効能があります。さらに血管壁に働き、動脈硬化にもいいとされています。

以上のようにホワイトチアシードは通常のチアシードよりもオメガ3の栄養成分も多く含まれ、種が張する大きさも違うことがわかりました。

ダイエットで、より効果を感じたい方にはホワイトチアシードがお勧めです。

ホワイトチアシードの方が断然腹持ちがいいからです。

 

ホワイトチアシードはどんな方におすすめ?

 

ホワイトチアシードの効果 2

 

普段、野菜や魚をあまりとらない、便秘になったり、お肌の荒れも気になる方にも、ホワイトチアシードはお勧めです

また、ホワイトチアシードは品質が安定しているので、少々高くても品質を重視する方にはこちらをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?ホワイトチアシードと通常のチアシードの違いや、ホワイトチアシードの効果的な食べ方を調べてみました。

毎日続けることで、あなたが気になっている便秘を解消したり、美容にとても効果があります。

ストレス社会において栄養バランスが崩れている今、健康のために美容のためにホワイトチアシードをぜひお試しください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
チアシード効果のでる食べ方とおすすめの時間とは?
チアシードの食べ方!いつ食べる?正しいタイミング!