ルイボスティーを毎日飲み続けるには、その方の生活パターンに沿った淹れ方がいいですね。

毎日忙しいから、簡単な方法がいいと思う方。どうせ飲むなら道具に拘ってみたい方。もっと美味しく飲む方法が知りたい方。

人それぞれの生活パターンに合う淹れ方で、ルイボスティーを長く飲み続けて欲しいと思い今回は、ルイボスティーの効果的な淹れ方や、美味しくいれるコツを調べてみました。

はじめに、ルイボスティーを美味しくいれるコツを調べてみました。


Sponsored Link

ルイボスティーを美味しくいれるコツ!

ルイボスティーの効果的な淹れ方!美味しく入れるコツ!

・茶葉で飲む場合

 

【煮だし】

容器にルイボスティー5gと1リットルの水を入れる

弱火にして10分程煮だします。20分以上煮ださないでください。栄養成分が逃げてしまうのと渋みがでてきます

茶葉はそのまま暫く入れておくほうがいいですが、茶葉が苦手な人は取り出しても大丈夫です。

 

【水出し】

容器にルイボスティー5gと500mlの水を入れる

冷蔵庫で保管してください

水だしの場合は清潔な容器にいれることが大事です

水はできたらミネラルウォーターを使用してください

冷蔵庫で保管しますが24時間以内までに飲用してください

 

 

・パックの場合

 

【煮だし】

急須やティーポットに1パック入れ400ml~600mlの水を入れ熱湯を注ぎ好みの熱さで飲んでください。

パックは入れたままがいいと思います。

 

【水出し】

耐熱ガラスポットにルイボスティーパックを3個入れる沸騰したお湯200mlを目安に入れる5~10分程まち、ミネラルウォーターを入れて1200mlにする(お好みの濃さでもいいです)

冷蔵庫で保管します。一日500mlが目安なので2日~3日で飲み切る目安です。

 

つぎは道具に拘りたい人の為にどんな道具があるのか調べてみました。

 

道具にこだわるならコレ!

 

道具に拘って、優雅な気持ちで飲みたい人にお勧めです。


Sponsored Link

基本はアルミホイルでできているポットです。

鉄瓶はさけたほうがいいと思います。なぜなら。鉄分はお茶の味や色を落とす場合があります。

 

お値段は30000円近くしますが茶葉に大事なジャンピングもしっかりしてくれます。

特注の大きな茶こしがついているのが魅力です。お湯の温度と香りを逃がしません。

 

株式会社ロンドン・ティールーム

茶こし付きティーポット、ステンレス製(ブリティッシュタイプ)紅茶ティーポット

お値段は楽天で30240円(税込み)送料無料でした。

 

手軽に始めたい人のための道具ならコレ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

耐熱ガラス容器のポットがいいと思います。

茶葉でもパックでも簡単に淹れてわかすだけで、美味しいお茶がわかせます。

茶葉のジャンピングも見れて、初心者にはお勧めです。

私も最初は体熱ガラス容器を購入しました。

 

茶こし付きで広口の耐熱ガラスポットがいいと思います。茶こし付きは茶葉を取り出すときに便利だし、広口だとポットを洗う時に便利ですね。

お値段も1500円くらいからあります。

小物類で砂時計を利用する人もいますね。時間をきちんと確認できていいと思います。

よく、レストランや喫茶店で紅茶と一緒に砂時計をもってこられます。

蒸らす時間をきちんと考えて紅茶を大切に扱っているお店だということがわかり、また行きたくなりますね。

 

まとめ

 

以上、ルイボスティーの効果的な淹れ方!美味しく入れるコツを調べてみました。

いかがでしたか?

あなたのお気に入りのポットや淹れ方で、ルイボスティーを毎日続けて飲むことが楽しくなると思いませんか?

一番大切なことは、毎日続けてルイボスティーを飲むということです。今日からでも、あなたにあった淹れ方で、楽しくルイボスティーを続けて飲んでみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
水出しルイボスティーの効果と簡単な淹れ方まとめ!
ルイボスティー効果!血圧を下げる理由とおすすめの飲み方!
ルイボスティーの味が苦手でも美味しく飲むコツ!
ルイボスティーの効果が出やすいおすすめの量とは?
ルイボスティーの効果を最大限に高める時間とは?