Sponsored Link

甘酒は独特の食感と味がありますが、苦手な人でも牛乳で割ると飲みやすくなります。

さらに飲み方によっては効果を高めることも可能です。

今回は牛乳割りで飲む甘酒をもっと楽しむ方法を紹介します。

 


Sponsored Link

【甘酒の牛乳割り】効果的に飲むコツ

 

甘酒 ミルク1

甘酒の牛乳割りをより効果的に飲むコツは、

【ホット甘酒にする事】

です。

ホットにすることで、甘酒本来の整腸作用がより効果を発揮し、腸内環境が整うことで、便秘解消、美容改善、ダイエット効果が得られます。

腸って冷えると下痢になりますよね?あれって全く栄養が吸収されてないんです。

せっかくの豊富な甘酒の栄養もほとんど吸収されずに外に出てしまうのは非常にもったいないので、常温か【温める】事をおすすめします。

腸内はだいたい37度くらいでもっとも活動的になります。ホットにした飲み物が腸内の温度を上げてくれるので、整腸作用が期待できるという事なんですね。

 

またホットミルクには【熟睡】効果があります。

熟睡することで成長ホルモンの分泌も促されやすくなるので、便秘や新陳代謝の効果アップが期待できます。

新陳代謝=美肌効果があるので女性には嬉しい効果ですね。

 

甘酒と牛乳の共通する効果とは?

甘酒 ミルク2

そして甘酒と牛乳には【イライラ】や【ストレス】を解消する効果があります。

甘酒と牛乳を一緒に飲むことは、気持ちを落ち着かせる相乗効果が非常に期待できます。

甘酒に含まれるアミノ酸の種類の「GABA」とバントテン酸に、ストレスを和らげる、癒す効果があります。

甘酒に含まれる成分が、興奮を静めて気持ちが落ち着くようにリラックスさせるので、ストレスを軽減できます。

 

さらに牛乳にもストレスを軽くする効果があります。

牛乳に含まれるカルシウム成分はイライラする精神状態を抑えます。

気持ちを落ち着かせる神経伝達物質も作られるので、穏やかな気持ちに導いてくれます。

また、カルシウムは安眠効果や沈静効果を持っています。

甘酒の酵素が牛乳の吸収を良くするので、より眠りにつきやすくなります。

 

甘酒の牛乳割りの効果をまとめると

  1. ストレスを和らげる
  2. リラックス効果
  3. 眠りを誘う副交感神経に切り替える
  4. 体を温める

この4つになります。

甘酒の独特の甘みが苦手な人も、牛乳で割ると飲みやすくなりますし、市販でも販売される、人気の甘酒アレンジなので、ぜひ試してみてください。

 

牛乳割りを美味しく飲むアレンジ2選!

 

理想は1:1

1:1で割ってあげるのが、いちばん美味しい飲み方だと私は思います。

それは人それぞれだと思いますので、飲みにくいときは牛乳を多めにして慣れるのがオススメですね。

それでも少し抵抗があったり、もしくはちょっとだけアレンジを加えてみたいという方には、この3つがオススメ!

1)甘酒の牛乳割り+ココアパウダー+コーヒー

2)甘酒の牛乳割り+はちみつ

 

1)ココアとコーヒーアレンジ

Exif_JPEG_PICTURE

ココアとコーヒーを入れるのは、ほんの少しにしましょう。

風味や少しの苦みを楽しむ感じで十分です。

入れ過ぎるとカロリーが多くなってしまいますし、眠りを妨げてしまうの、風味程度がおすすめです。

 

2)はちみつアレンジ

甘酒 ミルク5

甘いのが好きな人は、はちみつなら砂糖よりカロリーを抑えて牛乳割りを楽しめます。

美味しく飲むには、しっかりとハチミツを溶かす必要があります。

ホットミルク甘酒に後から追加すると溶けにくいので、先にホットミルクで溶かしておきましょう。

甘酒は加熱しすぎると成分が壊れてしまうので、注意が必要です。

 

ホット甘酒ミルクを試して欲しい人

 

ホット甘酒ミルクはとても美味しいですし、体にいい事ばかりです。

特にこのホット甘酒ミルクがオススメな方をまとめてみたので、当てはまるなぁと思う方はぜひ少し続けてみてください。

 

①甘酒が苦手な方

甘酒がそもそも苦手だけど、ダイエットや便秘解消目的として甘酒を飲む人は多いです。

そして、飲み方の推奨としては、朝食前に200mlを目安に飲むのが定番です。

しかし、苦手な人にはこれは大変な量です。

ですが、牛乳で割るとかなり飲みやすい味になります。

甘酒の量も牛乳で割るので少なくでき、まだ飲みにくい場合は牛乳で調整できます。

ぜひ試してみてください。

 

②牛乳が苦手な方

そもそも牛乳がそんなに好きではない。という方にも試してもらいたい。

牛乳は低脂肪牛乳ならカロリーを抑えながらダイエット効果を得ることができます。

牛乳が苦手で飲めない人も、甘酒が臭みを消して味もマイルドになるので、甘酒と一緒なら飲める人が実際多いです。

それでも苦手なら、コーヒーかココアを少し混ぜるアレンジレシピを試してみてください。飲みやすくなると思います。

 

③夜寝られない方

甘酒ホットミルクのいちばん大きな効果はこれです。

私は、夜寝る前に甘酒の牛乳割りを飲むと、薬がいらないほどすぐに眠りにつけます。

リラックス効果があり体が温めるので、入眠障害に悩まされる人はぜひ試してください!

ホットミルクは寝付きを良くすることで有名ですが、甘酒と合わせれば、それ以上の効果を期待できます。

牛乳が精神を安定させるので、質のいい眠りで体を休めてみてください。

 

④ストレスを解消したい方

正直イライラしやすい世の中です。

私も仕事のストレスは絶えませんが、そういう方こそ一旦甘酒ライフしてみてはいかかでしょうか?

牛乳のカルシウムと甘酒のリラックス効果に加え、質のいい睡眠ができるので、ストレスを溜めない、イライラしない自分になれます。

甘酒の牛乳割りを飲むのに睡眠におすすめの時間帯は寝る前です。

夜なら甘酒を飲む量は少ない方がいいので、甘酒が苦手な人にも安眠効果がほしい人にも向いている時間です。

 

まとめ

 

甘酒の牛乳割りの効果は、

  1. ストレスを和らげる
  2. リラックス効果
  3. 眠りを誘う副交感神経に切り替える
  4. 体を温める

が特に期待できるところかと思います。

 

より効果的に飲むには【ホット】にする事が大事。

温める事で腸内環境を整えて、美容、免疫、便秘などを改善、向上してくれます。

少し牛乳が苦手な方でも、コーヒーやココア、はちみつを入れることで、味に変化をつけることで飲めるようになります。

美味しく、より効果的に【ホット甘酒ミルク】を飲んで健康になりましょう。

 

こちらの記事もおすすめです

【ダイエット向け】低カロリーの市販甘酒をまとめてみた!

甘酒ダイエット効果の出てくる期間とやり方まとめ!

寝る前の甘酒は太る?ダイエット効果の高い飲み方とは?

甘酒を加熱しても効果をなくさず飲むコツを調べてみた!

【甘酒で腸内を整えるコツ】便秘に効く飲み方とは?

甘酒は冷凍しても効果があるのか?正しい保存法とは?

【容器別】甘酒の正しい温め方!レンジを使った方法をご紹介!

甘酒のアルコールの飛ばし方!誰でも簡単にできるコツ!

【風邪に効果的な甘酒の飲み方】おすすめ市販品まとめ!

寝る前に飲む甘酒は非常に健康的!おすすめレシピ6つ!

【甘酒は夜寝る前がおすすめ】効果的な飲み方をまとめてみた

甘酒は糖尿病の血糖値を上げる?注意しておきたい飲み方