飲み物にとりいれて食べるチアシードも続けやすく、スムージーは忙しい朝に最適です!

でも、ほかにもおすすめの食べ方があって、野菜の栄養をたくさんとれるサラダもおいしいですよ!

今回は食べやすいおすすめのサラダを紹介します。

 

チアシードサラダで気を付けておくことは?

チアシードサラダレシピ

チアシードをサラダで食べるときの注意点は1つです。

まず、チアシードは洗わず生で食べることができないことを知っていますか?

昔から南米とメキシコにあるミントの仲間で、シソ科の種なので安全な食べ物ですが、発芽毒の心配があります。

玄米などにも含まれているアブシジン酸という成分が、体を動かすために必要なミトコンドリアを毒に変えてしまいます。

 

そうなると、いろんな病気が起こります。

 

・ガン

・不妊、生理不順

・肺炎、気管支炎

・糖尿病など

 

重い病気にもかかってしまいます。

なので、チアシードを生で食べてはいけません。必ず水に浸して食べれば、毒をとることができます。

 

水の浸し方は、チアシードの10倍の水に入れて12時間おくだけです。

水に戻したら、冷蔵庫で1週間が保存できる期間です。

 

簡単!おいしい!チアシードサラダ

チアシードサラダ2

最初に、すきなひとが多い”ポテトサラダのチアシード”から紹介します。

 

*材料*

じゃがいも・・・2個

コンソメ・・・小さじ1/2

お湯・・・大さじ1

お酢・・・小さじ1

塩・・・少々

たまねぎ・・・10g

きゅうり・・・1/2

ベーコン・・・2枚

マヨネーズ・・・大さじ3・1/3

チアシード・・・大さじ1

 

*作り方*

じゃがいもの皮をむき、1cmのイチョウ切りにします。

耐熱皿にのせてラップをし、600Wで加熱します。

加熱後は、ラップをしたまま5分おきます。

たまねぎは薄切りに、キュウリは小口切りにして、塩を少し入れて軽くもみます。


Sponsored Link

ベーコンは1cm幅に切って、そのままレンジで30秒から40秒加熱します。

蒸しといたじゃがいもの水を切って、塩をまぶしてつぶします。

つぶしたじゃがいもに、たまねぎときゅうり・ベーコン・マヨネーズ・チアシードを入れてよく混ぜます。

しっかり混ぜたら完成です!

 

食べ慣れている味なので抵抗なく、マヨネーズにチアシードが絡んで食べやすくなります。

 

参考:味の素簡単ポテトサラダ「http://park.ajinomoto.co.jp/sp/recipe/card/705918

 

簡単!美味しい!チアシードサラダ

 

次は、いちばん食べやすいおすすめ”カボチャサラダ”を紹介します。

 

*材料*

かぼちゃ・・・1/8個

塩・・・少々

たまねぎ・・・1/4

コショウ・・・少々

マヨネーズ・・・大さじ2

チアシード・・・大さじ1

 

*作り方*

カボチャのワタと種をとって、ひと口大に切って耐熱皿に並べます。

ラップして約6分過熱したら、熱がとれるまでおいときます。

次にたまねぎを薄切りにして、約1分過熱して、でてきた水分をしっかりきります。

おわったら、ボウルにカボチャをほぐしながらたまねぎ・マヨネーズ・チアシードを入れてしっかり混ぜます。

仕上げに塩コショウで味付けをしたら完成です!

 

カボチャの味がしっかりしていて食材の触感も強いので、ジェル状になったチアシードを気にせず食べることができます。

 

参考 かぼちゃサラダ「http://recipe.kenpie.co.jp.recipies/basic_sarada/sarada04.html」

 

参考のキユーピーレシピでも載っているマカロニサラダの食感が、ジェル状が苦手で食べられない人の悩みを解決できます。

チアシードを入れるタイミングは仕上げ手前の、具と混ぜるときです。

 

まとめ

 

生のままのぷちぷちの食感のほうが、本当は食べやすいですよね。

味がないけど苦手な食感の人には、味がしっかりしていてチアシードが混ざりやすい根野菜のサラダや、似ている食感のサラダを選ぶと食べやすくなります。

よかったら、チャレンジしてください!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます↓
チアシード1位のダイエットレシピを公開!独自のランキングまとめ!
チアシード食べ方!長く持つ正しい保存の仕方!
チアシード効果のでる食べ方とおすすめの時間とは?
チアシード美味しい食べ方!ダイエットスープが効果的!
チアシード洗うのが正解?正しい食べ方とは?